明日からがんばりますっ!

だから今日は休むかも

【Wordpressテンプレート】SimplicityからCocoonに移行させる時の設定ポイント

f:id:key22:20200224234710j:plain

Pete LinforthによるPixabayからの画像

 

WordpressのテンプレートCocoon。

わいひらさんに無料で提供していただいています。

 

Cocoonテンプレート

 

 

開発が進んで安定してきたのと、
スキンに素敵なデザインがあって
使いたくなりました。

 

これまで、Wordpressのサイトでは、
同じわいひらさんが公開されている
Simplicity2を主に使ってきました。

ようやく重い腰を上げて、
今回、いくつかのサイトを
Simplicity2からCocoonに移行させました。


同じ作者の方のテンプレートなので、
移行はそんなに難しくないです。

凝ったこともしていなかったので、
設定で大変なこともありませんでした。


ただ、やはり設定を変えないといけない部分も
ありますので、こちらにメモしておきたいと思います。

 

 

 

必ずやること

ユーザー名を「ニックネーム」に変更

デフォルトでは、ログインIDと同一の名前がブログに著者として表示されます。

 

設定で非表示にすることもできますが、
それよりも、ログインIDを隠すほうが効果的です。

セキュリティの観点からニックネームに変えておくべきです。

 

セキュリティを強化するプラグインを入れて様子を見ていると、
どのWordpressサイトでも、不正ログイン何度も試みる形跡がみられます。

 

ログインIDがばれたら、相手に不正ログインのヒントを与えることになるので、
必ずやっておくことをオススメ。

 

重要なのでキャプチャをまじえてご説明します。

「ユーザー」⇒「ユーザー一覧」⇒ 各アカウントの「ニックネーム」を入力

そのあと、「ブログ上の表示名」をニックネーム欄と同じにする。

 

f:id:key22:20200224233227p:plain

 

 

 

やったほうがいいこと

アクセス解析(Google Analitics)の再設定

Simplicityで行っていた設定が消えるので再設定が必要です。


「Cocoon設定」⇒「アクセス解析・認証」⇒「Google Analytics設定」⇒「Google AnalyticsトラッキングID」

 

※必要に応じてサーチコンソールの設定もここでやっておきます

ファビコンの再設定

ファビコンも設定が消えるので再設定が必要です。


「外観」⇒「カスタマイズ」⇒「サイト基本設定」⇒「サイトアイコン」

 

目次のプラグインを削除

Cocoonには標準的に目次を表示する機能が備わっているため
Table of Contentsなどのプラグインを使っていた場合は、
削除しておきます。

 

その他設定

内部URLをSSL対応に(念のため)

「Cocoon設定」⇒「その他」⇒「その他設定」⇒「簡単SSL設定」⇒「内部URLをSSL対応(簡易版)」にチェック

 

Simplicityの投稿設定を引き継ぐ

同じ「その他設定」で、「Simplicity設定」⇒「Simplicityから投稿設定を引き継ぐ」にチェック

こうしておくと、Post meta情報が使えます。
例えば投稿画面の「SEO設定」「広告除外」「AMP除外」など。

 

デフォルトでコメントを表示させない

「Cocoon設定」⇒「投稿(または固定ページ)」⇒「コメント設定」⇒「表示」⇒「コメントを表示する」のチェックを外す

 個人的な趣味で設定変更

エディターの設定(Gutenbergを無効にする)

個人的に使い勝手が悪いのでGutenbergを無効にします。


「Cocoon設定」⇒「エディター」⇒「エディター共通設定」⇒「Gutenbergエディターを有効にする」のチェックを外す

 

記事の上につくSNSシェアボタンを非表示に

いろいろ表示されてゴチャゴチャするので消します。


「Cocoon設定」⇒「SNSシェア」⇒「トップシェアボタン」⇒「トップシェアボタンの表示」⇒「メインカラムトップシェアボタンを表示」のチェックを外す

 

フッターの著作権表示を自分好みに

デフォルトでは「© 2016」とか開設した年しか表示されません。

古い感じがするので修正します

「Cocoon設定」⇒「フッター」⇒「フッター設定」⇒「クレジット表記」⇒好みの設定に

 

さいごに:共通の注意点

「Cocoon設定」を終わるときには、
必ず「変更をまとめて保存」ボタンを
クリックして確定させましょう。