明日からがんばりますっ!

だから今日は休むかも

私があえてWordPressを使わない理由

f:id:key22:20191207094041p:plain  

2019年12月7日追記:Wordpressから「はてなブログ」に移行しました。 当サイトでは、結局、2017年5月にWordpressを使うことになりました。
この記事は2014年時点のものです。 当サイトでは、結局、2017年5月にWordpressを使うことになりました。

 

ブログが日本に登場してから10年と少し。 ブログの世界ではその間にいろいろなことがありました。

ブログサービスも色々出てきました。 芸能人に使ってもらって誰もが知るようなサービスになったものもあれば、割とメジャーだったのにシステムのトラブルで突然閉鎖されたものもあります。

最近ではサービスを中止するところも増えてきました。採算に乗らないのか、利用者が少なくなってきているのか、その両方かもしれませんが、ブログサービスは淘汰に向かっているようです。

そんな中、最近の人気のやり方は、独自ドメインをとってWordPressで運営するという形ですね。

■本当にやるべきことはブログの設定じゃない

私もこの10年、いろいな目的でブログを立ち上げました。 でも、ブログをつくってはつぶし、またつくるということを繰り返して、色々とやってきました。

でも、WordPressの運営はやらないことにしています。

なぜなら、本当にやるべきことに集中できないから。

本当にやるべきなのは、記事を書いたりしてアウトプットすること。 ブログの設定ではないんです。

私の悪いクセは、肝心なことをやらずについつい寄り道してしまうこと。 WordPressで運営をはじめたら、色々なプラグインを試したりデザインや設定を変えたりすることをついついやってしまいます。 そして、設定にうつつを抜かすうちに肝心のアウトプットをする時間がなくなって、きっと自滅してしまうことでしょう。 これまでもそういう経験をしてきたのでわかります。

もう一つの理由は、WordPressはセキュリティが弱い上にたくさんの人が使っているので、悪煮のある人に狙われやすいというリスクがあることです。 MacよりもWindowsでウィルスが多いのと一緒です。

こうした問題に対応するためによくアップデートされますが、そうした対応とかやっていると、またアウトプットよりも設定のほうに流れてしまいます。 でも、メンテナンスをするのがブログの目的じゃないんです。

■じゃあどうするか、いろいろ考えた結果

そこで、いろいろ考えて、今はGoogleのサービスであるBloggerを使っています。

Bloggerは無料で使えるのですが、サービスを使うときの一番のリスクは、中止されること。

Googleもサービスを中止することはよくあります。 一番ショックだったのはiGoogleというパーソナルなポータルサイトのサービスを中止されたことですが、同じようにBloggerもサービス中止のリスクにはさらされています。 日本ではマイナーな感じですしね。

でも、このサービスのいいところは、そのリスクに対応する方法があること。 それは、

・独自ドメインが使える ・データをエクスポートすることができる

ということです。

データをエクスポートできるので、もしサービスが中止になっても、別のところに引っ越すことができます。

独自ドメインを使うので、記事のパーマリンクもそのまま引っ越せるはずですから、他のサイトからのリンク切れとかはなくなるはずです。 パーマリンクが引き継げなかったとしても、個別の記事からトップページにリダイレクトするようにしておけば、最悪でもリンクからブログがたどれなくなるという事態は防ぐことができます。

もしBloggerが中止されるようなことがあったら、Amamoさんという方が書かれている記事を参考に、有料のlivedoorブログにでも引越ししようかなと思っています。

なぜ今さら?WordPressからLivedoorブログ(有料)へ移行するメリットは? http://www.amamoba.com/wordpress/blog-iten.html

Bloggerのサービスが中止されるその時まで、自分のブログが続いていたらの話ですけどね。 チャンチャン♪