スポンサードリンク

ASUS TransBook T100TA 買っちゃいました

Windows XPのサポート終了を前に、Let’s Note CF-R4の後継さがしをはじめて半年。ようやく決まりました。
買ったのはASUSのTransBook T100TA(アマゾン限定モデルを買ったので、正確には”H100TA”という型番です)。

1週間が過ぎていろいろなセットアップも終わってなじんてきたので、少し感想などレビューしてみます。

スポンサードリンク

Amazon限定モデルを買った理由

■記憶媒体が64GBと大きく、なおかつ、キーボード部分にHDDが入っていない
■Office Home and Business2013がついてくる
■安い(5.2万円。キャンペーンでさらに2000円引き)

市販モデルでは、64GBだとキーボード部分にHDDが入っていてバッテリーの持ちが悪くなります。HDDが入ると故障するリスクも高くなるのであえて避けました。
また、Officeがついていないので別に買うと高くなります。

Amazonで限定モデルを見つけて、少し迷いました。
そしたら迷っている間に、売り切れてしまいました。
しばらく悶々としていたらまた入荷したので、そのときに即ポチってしまいました。

買ってよかったところ

■バッテリーが長時間もつ
カタログ表記で15.8時間。実際にも、けっこうもちます。ずっとスリープさせていますが、1日4時間ぐらい使うだけなら3~4日は大丈夫な感じです。

■スリープからの起動がめちゃくちゃ早い
パスワード入力とかしても5秒ぐらいで使えるようになるのは素晴らしいです。
思い立った時にすぐに作業に取りかかれます。
これまでのPCなら、すぐに使えるように電源を常にオンにしていましたが、これからはそんな無駄もなくなります。
これはどちらかというとWindows8の効果でTransBook固有のメリットではないと思いますが、XPや7から比べると本当に使い勝手がよくなりました。

■ACアダプタがの入手が簡単
micro USB端子から充電します。普通のタブレットなどに使う2.1AのUSB充電器があれば充電できます。職場や家1、家2など、あちこちに予備の充電器を置いておいても、他のUSBから充電する機器と共用できるので無駄がありません。

■Windowsがタブレットで持ち出せる
Windows環境を気軽に持ち運べるというのはかなりいいです。確かにタブレットのUIは慣れていないこともあって使いにくいです。でも、デスクトップ環境をタブレットで持ち出せるという気軽さは感動です。

●ちょっと残念なところ

64GBでも容量が心配

セットアップ直後で残り49GBでした。
Officeなどセットアップ後は残り33GBになりました。
Evernoteとかいろいろとデータを移したら、残り21GBになりました。
その後もどんどん空き容量がへっていきます。現在残り19GB。
システムの復元ポイントをあまりつくらないようにしたり、検索インデックスをつけないようにしたりと、いろいろ設定を変えてしばらく様子を見ることにします。

WordとExcelとパワポ以外のOfficeは使わないので削除したいのですが、Office2013は個別にアンインストールできないみたいです。どうにかしてほしい。

回復用のパーテーションが10GBほどありますので、どうしようもなくなったらこの部分をUSBメモリなどに移して、削除するつもりです。

でも、この値段でこれだけの満足度があるということで、総合的には非常にお得な買い物でした。

(参考リンク)
Amazon限定品

スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク